すべては交通事故被害者に満足いただくために

このような方に交通事故被害者応援団が特におすすめです

  • 交通事故によってケガした方
  • 交通事故発生からあまり時間が経過していない方
  • 交通事故によるケガのため入院している方
  • 交通事故当初より後遺障害の認定を見据えている方
  • 後遺障害についてよくわからない方
  • 相手の保険会社に手続きを任せたくない方
  • 保険会社から治療費の支払打ち切りを告げられた方
  • 突然変化した保険会社の対応が怖い方
  • 裁判は考えていないが適正な慰謝料の支払いを考えている方
  • 交通事故の解決について調べる時間を治療に充てたい方
  • 後遺障害に関する手続きを気軽に専門家へ頼みたい方
  • 交通事故についてどの専門家へ相談すればよいかわからない方

交通事故被害者応援団の対処事例

ひとつでも該当する方は交通事故被害者応援団が特におすすめです

交通事故被害者応援団の3つの特徴

その1

後遺障害の専門家が
あなたの交通事故を
全力でサポート

適正な後遺障害を勝ち取る専門家があなたの交通事故を全力サポート

これまで適正な後遺障害の認定を勝ち取ってきた行政書士が、あなたの交通事故に関する問題の有利な解決に向けサポートいたします。

その2

お客さまの立場で
満足できるサービスを
ご提供

満足できるサービスをお客さまの立場でご提供

私が後遺障害非該当となった経験を活かし、交通事故を有利・迅速に解決できるサービスを提供いたします。

その3

詳細な料金が明確に
表示されているから
とっても安心

詳細な料金が明確に表示されているからとっても安心

交通事故が解決するまで不要な支出に対する不安を抱くことなく安心して治療に専念していただきます。

交通事故被害者応援団のサービス

ご依頼件数No.1!

適正な後遺障害の等級認定を勝ち取る後遺障害応援コース

交通事故現場調査 時間の経過に伴い消失する交通事故現場周辺を調査 20,000円
交通事故車両調査 交通事故により損傷した車両の状態(証拠)を保全 20,000円
医師との面談 医師へ的確な症状を伝えるための指導・同行・助言 10,000円
後遺障害等級認定申請 他覚的所見に意見書等を添付し後遺障害の申請を代行 30,000円

お客さまからいただいた貴重なご意見

主婦/50代女性主婦/50代女性

恐怖の電話から解放され治療に専念できた!

会社員/50代男性会社員/50代男性

不可能と言われて12級!専門家ってすごい!

会社員/20代女性会社員/20代女性

遠方でも親切丁寧な対応で安心でした!

はじめまして、交通事故被害者応援団です

ウェーブ行政書士事務所代表行政書士 松井昭一

交通事故被害者応援団は、適正な後遺障害の認定を勝ち取るサポートをはじめ、お客さまが抱えている交通事故に関する問題の早期解決を目指しています。

交通事故に関する手続きは、本来お客さま自身で行うことができるものですが、敢えて専門家へ依頼する意義を胸に刻み真摯に対応いたします。

交通事故に関する面倒な手続きは、専門家にお任せください!

交通事故被害者応援団
松井 昭一

後遺障害とは?

後遺障害とは?

後遺障害とは、後遺症のなかでも、交通事故が原因で生じた障害として認定(後遺障害等級の認定)されたものを指します。後遺症だからといって、必ずしも後遺障害として認められるわけではありません。

医学的に交通事故との因果関係が証明される、労働能力が下がってしまった・失ってしまった、自賠責保険の等級に当てはまるなど、これらの条件に当てはまってはじめて認定されます。

無事に認定を受けた場合、逸失利益や後遺障害慰謝料などの請求ができます。逆にいえば、認定されない限り、それらの請求はできません。後遺症が残ってしまった場合は、適正な後遺障害として認定されるように対応することが大切です。

後遺障害認定を得るにはどうしたらいい?

後遺障害認定を得るには、審査を受けなければなりません。

まず、症状が固定したら、医師に後遺障害診断書を用意してもらいます。次に保険会社へ後遺障害診断書をはじめとした必要書類を送付する流れとなります。送付された書類は、損害保険料率算出機構・自賠責損害調査事務所へまわされ、後遺障害の調査が始まります。無事に審査が通れば、ようやく後遺障害の認定です。結果に納得できない場合は、異議申し立てを行うこともできます。

後遺障害は、ただ口頭でいっても認められません。書面で証明する必要があります。書類に記載された内容こそが、審査における判断基準となりますので、記載漏れがないように注意しなければなりません。

「等級」とは?決まり方について解説

後遺障害には、等級と呼ばれるものがあります。障害の程度や部位に応じて1~14級の等級が設定されており、各等級に応じて保険金の金額が違います。1級が最も重い障害で、14級が最も軽い障害です。

では、この等級は、どのように決まるのでしょうか?等級の設定は、損害保険料率算出機構・自賠責損害調査事務所が行うのが一般的です。損害保険料率算出機構・自賠責損害調査事務所は、後遺障害のある部位を確認し、続いてその対象部位にどういった後遺障害が認められるのか、労働能力はどの程度低下するのかなどを判断していきます。あらゆる情報を総合的に判断した結果、後遺障害を認めるのか否か、認めたとしたらどの等級であるのかを決定し、被害者へ通知します。

後遺障害等級14級とは?

後遺障害等級14級の主な症状

後遺障害には、1~14の等級があります。14級は、それらのうち最も症状が軽い等級です。この等級に認定されると、入通院慰謝料や後遺障害慰謝料、逸失利益などを請求できます。最も低い等級とはいえ認定されれば、賠償金は増えるので後遺症がある場合は、後遺障害の申請を行ったほうがよいでしょう。

後遺障害等級14級に当てはまる症状としては、主に以下の9つが挙げられます。

1号 まぶたが欠けたことで、眼球を覆えても、まつ毛が生えてこない(半分以上)状態になっている、もしくは片側のまぶたが一部欠損している状態は1号に該当します。
2号 3本を超える歯が失われている、もしくは損傷によって歯科補綴を行った場合は2号に該当します。補綴とは、なくなった歯の代わりに人工物で補う治療のことです。
3号 片方の耳の聴力が、1メートルを超える距離で話し声(小声)が上手く聞き取れなくなった場合は3号に該当します。
4号 手の先から肩にかけて(いわゆる上肢)手の平程度の傷が残った場合は4号に該当します。
5号 足のつま先から足の付け根にかけて(いわゆる下肢)手の平程度の傷が残った場合は5号に該当します。
6号 片手の親指ではない指の骨の一部がなくなってしまった、もしくは折れた指の骨がきちんとつかない場合は6号に該当します。
7号 片手の親指ではない指の第一関節が、曲げたり伸ばしたりできなくなった場合は7号に該当します。
8号 片足の指のうち、小指、薬指、中指の1本もしくは2本が用を廃した場合は8号に該当します。中節骨・基節骨の切断、遠位指節関節・近位指節関節の離断、中足指節関節・近位指節関節の可動域が健康な側の足と比べて2分の1以下になった場合は、用を廃したと判断されます。
9号 局部に神経症状が残ってしまった場合は、9号に該当します。

等級認定を受けるには?

等級認定を受ける方法は、主に以下の2つあります。どちらの方法で、申請を行っても問題はありません。

事前認定

加害者の任意保険会社に、書類を提出し申請する方法です。医師が作成した後遺障害診断書を、保険会社に送るのが主な対応となります。保険会社がサポートしてくれるので、あまり戸惑わずに対応できることでしょう。

被害者請求

加害者の自賠責保険会社に、書類を提出し申請する方法です。被害者が、請求に必要な書類を準備しなければなりません。しかし、書式そのものは、自賠責保険会社に請求することで、送ってもらえます。

交通事故で後遺障害等級14級が認定された場合に請求できる慰謝料

後遺障害等級14級が認定された場合、請求できる慰謝料はどのくらいでしょうか?慰謝料の算出には、「自賠責基準」「任意保険基準」「裁判基準」の3つがあります。それらの中で最も高額な基準が裁判基準で、次いで任意保険基準、最も低いのが自賠責基準です。

後遺障害等級14級の慰謝料相場

自賠責基準 32万円
裁判基準 110万円

自賠責基準は、一律32万円と決まっていますが、裁判基準は一律ではありません。任意保険基準に関しては、それぞれの保険会社が独自の基準を用いているため、相場はないものとお考えください。

実際の金額は、ケースごとに異なります。上記の金額はあくまで基準にすぎません。

後遺障害の等級が認定されない理由

症状固定になるまでの治療期間が6ヶ月以下である

交通事故で負った傷害に対して、「治療を続けてもこれ以上症状が良くならないという状態」を「症状固定」と言います。つまり、後遺症として残る状態を指します。事故から6ヶ月経たない内に症状固定されると、次の理由などから後遺障害の等級に認定されない場合があります。

  • 症状が後遺障害の等級に認定されるほど重くないと判定される
  • 後少しの治療で完治するだろうと判断される

特に加害者側の保険会社から症状固定の催促を受けたり、治療費の打ち切りを打診されたりすることがありますが、症状固定の判断は医師だけが行えます。事故からまだ半年も経っていない、まだ治療が必要な場合には、関係各所に相談を行い、治療を続けてください。

レントゲン写真・MRI・CTなどの画像から医学的他覚所見がない

「医学的他覚所見」とは、病院での検査をはじめ、医師による診察、レントゲン写真・MRI・CT(画像検査)、血液検査・神経伝導検査など医学的検査などを通して、症状を裏付けることができるものを指します。

ここで注意したいのは、自覚症状のみの場合は医学的他覚所見に含まれないということです。
例えば、むち打ちの痛みはあるが、レントゲンやMRIなどの画像での異常はなく、客観的な医学的根拠が少ないです。このままだと、後遺障害の等級に認定されない場合がほとんどです。

むち打ちなどの自覚症状が中心の場合、後遺障害に認定されるには医師の協力が必要不可欠です。正しく医師の診察を受け、治療や検査の記録を正確に医療記録に残すことで、事故直後からの症状であることを裏付けるのが大切です。

後遺障害の認定に必要な検査が行われていない

医学的他覚所見にも繋がりますが、いくら痛みを訴えても、言葉だけの表現の程度は人によって様々です。具体的な数値等で示せるような検査をうける事は医学的な裏付けとなります。

むち打ちなどは特に、レントゲン写真・MRI・CTなどの画像検査だけでは症状の原因を確認できないのがほとんどです。その場合は、他の検査を受けることが必要です。

通院回数が少ない

仕事や家庭の都合で、病院に通う時間を確保できず、痛みがあっても我慢してしまう方は少なくありません。しかし、後遺障害の等級を認定する側からすると、「通院回数が少ないのは、症状が重くないから」と誤った捉え方をされる場合があります。

後遺障害の認定には、通院回数も重視されることがあります。適切な認定を受けるためにも、継続的な通院は大事です。

症状はあるが、事故との因果関係が認められない

痛みやしびれはあるが、症状が事故によって発症したものなのか…事故と症状の因果関係(相当因果関係)が認められない場合、後遺障害が認定されない場合があります。

例えば、事故当時は体に異常は感じなかったが、数日経ってから痛みやしびれを感じるようになった場合、時間が経過してから感じた痛みやしびれは事故以外の原因があるのではないかと判断されることがあります。

この場合に重要となるのが、医師に書いてもらう後遺障害診断書です。後遺障害の認定には、事故から症状固定まで、自覚症状の流れが具体的かつ一貫性を持つことが求められます。症状のある部位や検査結果など、漏れなく記載されていることが大事です。

後遺障害診断書の記載が不適切

後遺障害診断書は医師に書いてもらう必要がありますが、医学の専門家でも後遺障害等級認定については必ずしも詳しいとは限りません。これまで十分に準備を行っても、後遺障害の認定で重要視される診断書に不備や漏れがあれば意味がありません。医師に後遺障害診断書を書いてもらった後は必ず中身の確認を行いましょう。

後遺障害等級認定の申請方法が事前認定

後遺障害等級認定の申請には、「事前認定」と「被害者請求」の2パターンあります。

「事前認定」は、後遺障害診断書を加害者側の保険会社に提出し、残り全ての書類の用意から審査機関への提出までは保険会社で行う申請方法です。

申請に必要な書類の用意など被害者側の負担が少ないといったメリットがあり、一般的に多く取られている手続きです。しかし、後遺障害診断書以外の書類の中身をチェックできない為、後遺障害の審査に必要な内容が不足していて認定されない可能性もあります。

一方、「被害者請求」は被害者側で必要な書類を全て用意し、加害者側の保険会社へ提出を行います。書類の用意に手間はかかりますが、全ての書類のチェックが出来るので、審査に向けて十分な対策を行う事が出来ます。

「事前認定」と「被害者請求」、どちらを選ぶかは自由ですが、より確実に後遺障害の等級に認定されるなら、「被害者請求」を選択することをおすすめします。

神戸市で後遺障害認定についてのご相談、お任せください。

交通事故に遭ってしまい、後遺症が残ってしまった場合は、後遺障害認定の申請を検討することをおすすめいたします。認定されれば、適切な金額の慰謝料を請求できます。しかし、事故で傷ついた心と体が癒えていないのに、手続きをするのは苦痛に感じるものでしょう。そのような時は遠慮なく専門家にご相談ください。

神戸市で後遺障害認定の相談を承る交通事故被害者応援団は、被害者の皆様が満足のいく結果となるように質の高いサポートを心がけております。担当する行政書士は、後遺障害の認定に関するご依頼を対応してきた経験が豊富です。知識と経験を活かして、サポートいたします。

交通事故の手続きは、手間がかかり大変なものです。きちんと解決できるまで、不安な日々を過ごす被害者は多いことでしょう。みなさまのお悩みが一刻も早く解決できるように、スピーディーに対応いたします。

交通事故関連の問題は、法律が絡むものですので、絶えず勉強が欠かせません。交通事故被害者応援団では、定期的に他の専門家と一緒に勉強会を開催し、最新の情報を学んでいます。最良の結果にたどり着くための手間は決して惜しみません。あなたに「依頼してよかった」と思っていただけるように、時には各専門家と協力して対応いたします。

交通事故と聞くと、裁判で解決しているイメージがあるかもしれません。しかし、ほとんどの案件は、書類でのやり取りで解決しています。行政書士は書類作成のプロですので、お力になれることはたくさんあります。安心してご依頼ください。

交通事故被害者応援団の概要

名称 交通事故被害者応援団
運営事務所 ウェーブ行政書士事務所
行政書士 松井 昭一(マツイ ショウイチ)
住所 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8丁目1−6 神戸国際会館 22階
アクセス
  • JR三ノ宮駅から徒歩6分
  • 神戸三宮駅から徒歩2分
電話番号 078-570-5625 行政書士不在時は携帯電話へ転送されます
営業時間 9:00~18:00
所属 兵庫県行政書士会
登録番号 第18302188号
信念 お客さまのためにサービスを提供する行政書士ではなく
お客さまの立場となって物事を捉え、行動し満足いただける
価値をご提供いたします。

交通事故に関するあなたのお悩みをお聞かせください。確実・迅速に交通事故をサポート!受付時間 平日9:00~18:00 TEL:078-570-5625 行政書士不在時は携帯電話へ転送されます後遺障害についてのご相談、お問い合わせフォームよりご連絡ください。